PAGE TOP

2018年12月期第2四半期業績

住友ゴム工業、事業利益が23.1%増

会員限定 タイヤ 2018-08-08

説明する池田社長


 住友ゴム工業が8月7日に発表した18年12月期第2四半期(1-6月)業績(IFRS)は、売上高が4,253億5,200万円で前年同期比5.4%増、事業利益が268億8,700万円で同23.1%増、純利益が142億2,200万円で同14.4%増となった。「上期は増収増益だったが、期待していた数値はもっと上だった。中近東の需要が回復しなかったことと中国でのタイヤ販売店への環境監査等が響いた」(池田育嗣社長)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界