PAGE TOP

気まぐれシリーズ「気になったので聞いてみた」②

タイヤとサッカー

連載 2016-10-06


 気まぐれシリーズ「気になったので聞いてみた」。今回はタイヤとサッカーにまつわる話です。

 スポーツチームや選手のスポンサーとなることは、企業のイメージ、認知度向上にとって大変大きなもののようです。ゴム関連でも最近、タイヤメーカーのサッカーへのスポンサーが目立っているような気がします。

 なぜサッカーなのでしょう? スポンサーっていくらかかるのでしょう? 個人的に、お金の話は三度の飯より好きです。気になったので「当事者」に聞いてみました。

 「サッカーは世界中で行われているスポーツですからね」と答えてくれたのは、ある国内タイヤメーカーの方。

 確かに野球は地域が限られますし、いくら人口が多いとはいえ、インドで盛んなクリケットだって世界的とは言えません。その点、サッカーは最適なのでしょう。何でも転がるボールがタイヤを連想させることもあるとか。

 肝心のお金の方はどうですか?

 「それはまちまちですよ」と前出の方は苦笑い。

 例えば、ユニフォームにロゴが入る、そしてユニフォームのどこに入る、練習用のユニフォームだけ、ホームゲームだけ、ホームゲームでもリーグ戦だけとか、契約内容はこと細かく規定されているのだそうです。もちろん、チームによってもお金の桁が変わってくるそうで、一概には言えないのだとか。大好きなお金の話が、ぼんやりとした結果に・・・。

 ここからはあくまで私見ですが、国内タイヤメーカーの中で、サッカー1チームに対するスポンサー料が最も高額なのは、横浜ゴムさんだと思います。なんと言っても、あのチェルシーです、チェルシー。世界への発信力が凄まじいと思います。しかも胸にはドーンと「YOKOHAMA TIRES」のロゴ。安いわけは・・・・・・ないでしょう(もちろん私見です)。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界