PAGE TOP

2030年までに50%削減へ

豊田合成、中長期のCO2削減目標を策定

その他 2021-04-06

 豊田合成は、中長期のCO2削減目標である「Targets 50&50」を新たに策定した。また、2025年までの5カ年の活動計画として策定した第7次環境取り組みプランのなかでCO2削減目標を設定し、脱炭素に向けた取り組みを加速させる。

 同社はカーボンニュートラルの実現に向けて、2050年までにCO2排出量をゼロにする目標(TG2050環境チャレンジ)を掲げている。そのマイルストーンである「Targets 50&50」では、2030年までに「CO2排出量を50%削減」(2015年度比)する目標を設定し、実現に向けた重点取り組みとして、「再生可能エネルギー由来の電力利用率50%」を目指す。

 同時に、各工場でのクリーンエネルギーを活用した発電設備や消費電力の少ない生産設備の導入や、設備のコンパクト化などの生産技術革新の推進、EV・FCVといった電動車向けの製品開発なども行っていく。第7次環境取り組みプランに基づき、2025年までの目標として「CO2排出量を25%削減」(2015年度比)することを目指す。

 気候変動がもたらす事業リスクと機会について、ステークホルダーへの説明責任を果たすため、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に基づき、推奨項目の開示を完了。同社の取り組みに対するステークホルダーの理解を促す活動として、4月5日に機関投資家向け「ESG説明会」も実施した。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた