PAGE TOP

独自技術用いナノレベルで均一に分散

東ソー、CRにセルロースナノファイバー複合化

原材料 2024-03-29

 東ソーは、クロロプレンゴム「スカイプレン」にセルロースナノファイバー(CNF)を複合化した新グレード「SGシリーズ」を開発、バンドー化学の伝動ベルト用材料として採用されるとともに、販売を開始した。

 CNFは、鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上の強度を有するバイオマス由来の高性能素材。CO2を主とした温室効果ガス排出削減に繋がることから、カーボンブラックなどの化石燃料由来のゴム補強材の代替材料として期待されている。

 これまでCNFは、混練などの従来プロセスではゴム材料との混合が難しいことが技術的な課題とされていた。東ソーは、独自技術によりCNFをクロロプレンゴムへナノレベルで均一に分散。CNFの持つ補強効果をゴム材料へ応用することが可能となる。

 東ソーは、幅広い産業での社会実装に向けて、用途拡大のための顧客提案を進めていく考え。また、将来的な環境配慮型製品へのニーズ高まりを見据え、さらなる量産に向けた製造技術開発を加速させ、安定品質での大規模生産体制の確立を目指すとしている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • 海から考えるカーボンニュートラル
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた
  • とある市場の天然ゴム先物