PAGE TOP

大規模な乾燥工程の不要化によるCO2排出削減等に貢献

日本ゼオン、リチウムイオン電池の新たな電極製造法を確立

原材料 2023-12-05

 日本ゼオンは、リチウムイオン電池の電極製造方法において、現行法に代わる新たな技術「ドライ成形法」を確立した。

ドライ成形法で試作された電極


 ドライ成形法は、成形時に水や有機溶媒を使用せず電極を乾式で成形する手法。活物質や導電材などを塗料化し湿式塗工法で電極を作製する現行最も一般的な手法であるウェット塗工法とは異なり、電極の大規模な乾燥工程が不要となることで、CO2排出量の削減や設備投資額の減少に貢献することが期待されている。

 現在一部において、ドライ成形法がすでに実用化されているが、今回同社が開発したドライ成形法は、正極および負極両方の電極に適用することが可能で、成形速度もウェット塗工法と同等以上を実現することができる。

 また、ドライ成形法を活用して製造される電極は、有機フッ素化合物(PFAS)を含まない材料で構成されていることから、今後厳しくなると予想されるPFASに対する制約にも対応した環境負荷の小さい世界初の技術となっている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた