PAGE TOP

年産1,600トンへ拡大

日本ゼオン、リーフアルコールの能力増強完了

原材料 2022-07-22

 日本ゼオンは、水島工場(岡山県倉敷市)で進めていた合成香料の主力製品であるリーフアルコールの能力増強工事が完工、7月22日に竣工式を執り行った。今回の能力増強により、同製品の年間生産能力は1,600トンへと拡大。今後試運転を行い、9月から本格生産を開始する。フレグランス、フレーバー用途における安定的な市場成長が見込まれるため、2021年から工事を進めていた。

 リーフアルコールは、新緑の若葉のような香りを持つ合成香料であり、青葉アルコールとも呼ばれている。フレッシュ感を演出するグリーン系香料として、香水やシャンプー、石鹸などのフレグランス用途および清涼飲料や菓子などのフレーバー用途で幅広く利用されている。

 7月22日に行われた竣工式には、渡辺誠執行役員水島工場長のほか工場関係者らが出席。新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、田中公章代表取締役社長ほか本社関係者はリモート参加した。竣工式で、田中社長は「今回の設備増強は当社の将来にとって非常に重要であり、今後高まる市場ニーズにさらに応えることができる。今後も安定・安全生産により高品質な製品を世界中に届けていきたい」とあいさつした。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた