PAGE TOP

17年4月からPVC/PSCを生産

ゼオン化成がメキシコに新工場建設

原材料 2016-04-04

 日本ゼオンは3月29日、子会社のゼオン化成がメキシコに塩化ビニル樹脂を原料としたパウダースラッシュ用樹脂コンパウンド(PVC/PSC)の生産工場を建設すると発表した。2017年4月の生産開始を目指す。

 ゼオン化成は15年7月に100%出資のゼオン化成メキシコを設立しており、このほど新工場の建設を開始したもの。サンルイスポトシ州サンルイスポトシ市コリナス工業団地に建設する。投資額は15億円。第1期として年産1200トンで17年4月から生産を開始し、その後の市場拡大に合わせ第2期として同1200トンの能力増強を実施する計画で、合計同2400トン体制とする。

 ゼオン化成は、生産拠点として茨城工場(同2000トン)、中国・常熟工場(同2400トン)を有しており、メキシコは3拠点目。メキシコの工場建設により、供給の安定性確保と地産地消を図る。まず北米、メキシコの日系自動車メーカーの需要に対応し、その後欧米自動車メーカーの採用を目指す。

 PVC/PSCは意匠性、成型加工性に優れる上に安価でもあることから、インビジブル・エアバッグ・システム用表皮材として、日系だけでなく海外自動車メーカーでも採用が進んでおり、今後も採用は増加すると見込まれている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界