PAGE TOP

3月1日納入分からキロ12円以上

大洋塩ビ、塩ビ樹脂を値上げ

原材料 2021-02-09

 東ソーのグループ会社である大洋塩ビは2月9日、塩化ビニル樹脂の価格を3月1日納入分から値上げすると発表した。値上げ幅は現行価格からキロ当たり12円以上。

 値上げについて大洋塩ビは、「これまで日本国内のユーザーに安定的な供給を果たすべく、生産設備・人員の合理化など、あらゆる施策を講じてきたが、昨今の原燃料価格・物流費をはじめとした諸経費の高騰は、塩ビ樹脂の事業損益にも大きな影響を及ぼしており、自助努力だけでは適正な採算の確保が困難な状況になっている。塩ビ樹脂の国内需要は、新型コロナウイルス感染症の影響が払拭されつつあり、回復傾向にある。また、アジア・アメリカをはじめとした海外需要も堅調に推移していることから、日本を含むアジア地域の需給バランスも逼迫した基調が継続するものと想定され、今後とも日本国内での安定供給を継続するため、今回の価格改定の実施を決定した」としている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた