PAGE TOP

80%を武蔵精密工業へ

JSR、子会社JMエナジーの株式譲渡

原材料 2020-01-28

 JSRは1月27日、同社100%子会社であるJMエナジーの株式80%を武蔵精密工業へ譲渡することで合意したと発表した。譲渡額は非公表。JMエナジーにとって今後もJSRの持つ技術、ノウハウは必要なため、株式の20%は引き続きJSRが保有する。

 JMエナジーは、蓄電デバイスであるリチウムイオンキャパシタの開発、製造、販売会社。大型移動体をはじめとする各種用途で収益拡大を目指してきたが、JSRグループ独自で更なる収益拡大を図る事は難しいと判断した。最終顧客との繋がりが強く、事業シナジーを期待できる企業との資本提携を検討し、武蔵精密工業への譲渡に至った。輸送用機械器具の製造、販売を行う武蔵精密工業は、自動車部品の生産、販売のノウハウを広範囲で保有し、リチウムイオンキャパシタ事業の拡大や新規事業の創出など高いシナジーが期待される。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界