PAGE TOP

【特集】合成ゴム

宇部興産、付加価値高めた開発品上市へ

会員限定 原材料 2019-12-26

 宇部興産の上期(4-9月)BR事業は、「世界経済減速の影響もあり、全体的に厳しい状況だった」(宇部興産)という。千葉は厳しい環境ながらも堅調に推移。一方、タイは「世界の自動車、タイヤ生産のハブであり、各国から余剰となった玉が流入し、価格競争になった」(同)ことで苦戦した。

 用途では、靴底向けの需要が増加、ハイインパクトポリスチレン用途も底堅さをみせた。靴底用途は耐摩耗性の高さが評価されており、特殊品であるVCRも軽量化メリットから採用に繋がっている。

 下期見通しも、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界