PAGE TOP

協業可能性の検討を開始

JSRがCarbon3D社に出資

原材料 2016-09-16

 JSRは9月16日、3Dプリンティング分野で革新的な技術を持つ米国のCarbon3D社に対して優先株の増資を引き受け、500万米ドル(約5億円)を出資したと発表した。

 Carbon3D社は独自のCLIP(Continuous Liquid Interface Production)技術により、高速造型、造形物自体の優れた表面平滑性および物理的特性を実現。一方のJSRは材料および光造型に関する技術を有しているため、JSRではCarbon3D社の技術との融合による協業可能性の検討を開始するとしている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界