PAGE TOP

既存顧客の需要掘り起しや新規顧客開拓図る

霜田ゴム工業、フッ素0.3ミリ厚シートを本格展開

工業用品 2017-04-11

 ゴムシートおよび各種ゴム製品の総合メーカー、霜田ゴム工業(本社東京都墨田区、霜田知久社長)は、厚さ0.3ミリの極薄フッ素ゴムシートの本格展開を3月から開始し好評を得ている。

 同社は各種合成ゴムをベースにした未加硫および加硫のゴムシート・極薄ゴムシート・薄物ゴムシートなどシート製品を始め手貼加工製品、プレス成形品、押出製品など各種工業用ゴム製品を、ISO9001認証取得の越谷工場(埼玉県越谷市)において製造している。

 霜田ゴム工業では、主力製品のゴムシートの製品構成充実を図るとともに、抜群の耐熱性や耐油性・耐薬品性を有するというフッ素ゴムの利点を活かした既存顧客の需要掘り起しや新規顧客開拓を図るため、展開を開始したもの。

 フッ素ゴム製シートは加工性が課題だったが、同社では蓄積してきた高度な技術開発力で克服し、高品質で使い勝手に優れるフッ素ゴムシートの製品化を実現した。厚さのラインアップも、顧客が使用する頻度の最も多い0.3ミリ厚とし、幅に関しては500ミリを基本に最大1,000ミリまでのオーダーに対応する。

 またカラーは、黒色のほか色物も可能で、表面の鏡面や梨地加工にも応じる。

 問い合わせは同社越谷工場(埼玉県越谷市七左町5-16 電話048・988・3731)まで。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界