PAGE TOP

投資額は約7億円

横浜ゴム、茨城工場で油圧用高圧ホースの生産能力を増強

工業用品 2022-02-17

 横浜ゴムは、油圧用高圧ホースの生産拠点である茨城工場(茨城県小美玉市)の生産能力を増強する。主に建設機械に使用されるワイヤースパイラルホースの生産ラインを増設し、茨城工場の連続生産ラインの生産能力を1.5倍に高める。投資額は約7億円で、今年5月に着工し、2023年9月から量産を開始する。

 同社は建設機械の需要について、新型コロナウイルスの影響で一時落ち込んだものの、その後は海外を中心に急激に回復し、今後も増加が続くと予測している。現在、中国の油圧用高圧ホースの生産拠点である杭州横浜ゴム製品(浙江省杭州市)のワイヤースパイラルホースの生産能力を今年9月までに約3倍に増強する拡張を進めているが、今後のさらなる需要増に迅速に対応するため、茨城工場の増産投資を決定した。

 なお、今回の投資で連続生産ラインの生産対象を大口径まで拡大し、既存製法の生産余力も増やす方針だ。

 ■茨城工場概要
 ◇所在地=茨城県小美玉市羽鳥西1番地◇敷地面積=152,000平米◇生産品目=高圧ホースの製造◇設立年=1973年

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた