PAGE TOP

2022年3月期第3四半期業績

アキレス、シューズ事業は販売回復

工業用品 2022-02-09

 アキレスの2022年3月期第3四半期(2021年4~12月期)業績は、売上高が558億3,800万円(前年同期は538億5,200万円)、営業利益が10億1,900万円(同9億5,200万円)、経常利益が14億4,700万円(同13億2,200万円)、純利益が8億8,200万円(同26億6,100万円)だった。なお、前年同期比は第1四半期期首から「収益認識に関する会計基準」等を適用していることから公表していない。

 シューズ事業は売上高が83億700万円(同72億6,100万円)、営業損失は4億9,400万円(同9億6,400万円)。コロナの影響で厳しい市況が継続したが、衝撃吸収素材搭載のコンフォートシューズ「アキレス・ソルボ」やジュニアスポーツシューズ「瞬足」の販売が回復した。

 プラスチック事業は売上高が264億6,000万円(同249億7,900万円)、営業利益が20億7,600万円(同20億3,000万円)。車輌内装用資材は、半導体不足や東南アジアからの部品調達難による自動車メーカー減産の影響を受けたが、コロナの影響で自動車メーカーが生産停止した前年に比べ、国内外ともに販売が回復。フイルムは、国内では半導体市場の活況に牽引され、エレクロト二クス分野向けが好調だった。海外は欧州・豪州を中心に窓用フィルムの販売が引き続き好調。北米で医療用途・印刷用途向けの販売が好調だった。建装資材は、住宅設備部品の供給難などによる不安定な状況が続き、建物の完工遅延による影響を受けたが、回復基調で推移。防災対策商品は、米国向けゴムボートの販売好調だった。

 産業資材は売上高が210億7,000万円(同216億1,100万円)、営業利益が12億2,700万円(同16億1,100万円)。ウレタンは車輛、寝具、雑貨それぞれの用途でコロナ禍、半導体不足や部品調達難を受けて低調に推移。断熱資材は戸建住宅向け、スチレン製品が伸長し回復基調で推移した。工業資材は半導体分野向けウエハー搬送用部材が国内外向けに拡大したほか、RIM成形品は国内の医療機器向けが伸長した。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた