PAGE TOP

12月から3カ年、松阪事業所で

住友理工、カーボンニュートラルな都市ガスを導入

工業用品 2021-12-16

 住友理工は12月から、東邦ガス(名古屋市熱田区、増田信之社長)が提供する「カーボンニュートラルな都市ガス」の導入を開始した。同社として初の取り組みで、よりクリーンなエネルギーを採用することで、持続可能な社会の実現に貢献する。

自動車用ゴムホースを製造する松阪事業所



 今回導入した都市ガスは、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生するCO2をCO2クレジットで相殺すること(カーボンオフセット)で、CO2排出が実質ゼロとなるカーボンニュートラルなLNG(液化天然ガス)を活用するもの。

 これは東邦ガスが今夏から供給を始めた施策で、住友理工は自動車用ゴムホースを製造する松阪事業所(三重県松阪市)で、2021年12月から2024年11月までの3か年契約で導入した。これにより、同事業所におけるCO2排出量の約1割相当量の削減に貢献するという。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた