PAGE TOP

新技術・新製品・新サービスにフォーカス

住友理工、コーポレートサイトに「CASE」特設ページ

工業用品 2021-04-05


 住友理工は4月1日、コーポレートサイトに「CASE」に関する特設ページ(https://www.sumitomoriko.co.jp/rd/strategy/)を開設した。「素材を描き、未来を創る。~Innovation by Materials~」をテーマに、自動車(モビリティ)分野での新技術・新製品・新サービスにフォーカスし、グループの取り組みを紹介。4 月下旬には関連動画をアップ、5 月上旬には英語ページを公開する予定。

 「CASE を加速させる住友理工のテクノロジー」として、「Autonomous:自動運転」で<センシング>、「Electric:電動化」で<熱制御><シーリング><音・振動制御>の計4領域のテクノロジーに焦点を当てた。自動車メーカーで採用が決まった自動運転支援デバイス「ステアリングタッチセンサー」や極めて難しい材料の塗料化に成功した断熱材「ファインシュライト」などの新製品はもとより、主力の防振ゴムやホース、制遮音品といった既存の事業分野で注力する未来の製品群も紹介している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた