PAGE TOP

樹脂生産ラインを集約

日東化工が構造改革実施へ

工業用品 2016-04-04

 日東化工は3月25日、同日開催の取締役会で事業構造改革の実施を決議した。

 同改革は国内市場の変動・縮小により、年々厳しさを増す事業環境に対応するもので、同社では収益力及び財務体質の強化を図るため、前年5月に「事業構造改革プロジェクト」を設置、9月には基本方針を公表していた。

 今回の改革はその方針に基づいて実施するもの。樹脂事業の生産系列で生産ラインを集約することで効率的な生産体制を構築し、固定費の削減及びリソースの高効率化による原価低減を進め収益力向上を図る。生産ラインと製品倉庫の一部は廃止する。

 これに伴い16年3月期に減損損失2億2800万円の特別損失を計上する見込み。
 
 

通期業績予想を修正

 日東化工は同日、16年3月期通期業績予想の修正を発表した。事業構造改革実施に伴う特別損失計上のため。

 ■通期業績予想
 売上高=91億7500万円(前回予想91億円、増減率0.8%増)▽営業利益=1億5000万円(前回予想変わらず)▽経常利益=1億3500万円(同)▽当期純損失1億3500万円(前回未発表)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界