PAGE TOP

東京都港区と共同開発

クリヤマ、「畜光ステッカー」で感染防止と停電時に貢献

工業用品 2021-02-09


 クリヤマは、新型コロナウイルス感染防止と停電時に人々の安全を守る「畜光ステッカー」を、東京都港区芝浦港南地区総合支所まちづくり課と共同開発した。

 同社では従来から、日光や照明器具(LED、蛍光灯)などからエネルギーを吸収し、停電時に発光する高輝度畜光式誘導標識・畜光商品(ストックライト)を取り扱っている。

 今回開発した畜光ステッカーは、“震災のブラックアウト対策”という防災および消費電力の削減やCO2削減による環境への配慮だけでなく、新型コロナ感染防止対策のひとつである“ソーシャルディスタンスを保つ”効果からも注目される商品。

 2021年1月から、東京都港区のJR田町駅東口駅前広場のエスカレーターに設置されている。

エスカレーターに設置

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた