PAGE TOP

樹脂・ゴム多品種展開を強みに新規ユーザー獲得目指す

【新年トップインタビュー】明和ゴム工業社長 坪井栄一郎氏

会員限定 工業用品 2021-01-03

 2020年9月期は新期受注が伸び悩んだ明和ゴム工業。坪井栄一郎社長は「今期売上高は前期比で1割は上げていきたい。樹脂・ゴム耐品種をお客様に提案できることを強みに新規ユーザーの獲得を目指す」と話す。

2020年9月期業績

 期初から米中貿易摩擦などで市況が停滞していたところに、新型コロナウイルスに伴う経済活動の悪化が追い打ちとなり、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた