PAGE TOP

コロナからのV字回復目指す中期経営計画をスタート

【新年トップインタビュー】明治ゴム化成社長 岩崎𠮷夫氏

会員限定 工業用品 2021-01-03

 「2020年度は新型コロナの影響を受けたが、下期からグループ全体が回復基調になり、諸経費の削減と生産性の向上によって12期連続の経常黒字となる見込み」と語る明治ゴム化成の岩崎𠮷夫社長。2021年は新たな中期経営計画がスタート。3年かけて新型コロナからのV字回復を目指す。

業績について

 2020年上期(4~9月)は、新型コロナウイルスの影響を受け、特に自動車部品事業が大きく落ち込んだ。地域別にみると、中国に3カ所ある子会社は中国経済が早期に回復したため回復基調にあるが、アジア・日本・欧州は感染拡大が続いており、引き続き懸念している。

 こうした状況下で、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた