PAGE TOP

0.5ミリ以下全ての合成ゴムに対応

金星ゴム工業が超肉薄チューブを開発

工業用品 2016-03-07

超肉薄チューブ

超肉薄チューブ


 金星ゴム工業(本社・東京都墨田区八広、杉本浩志社長)は、このほどフッ素ゴムをはじめ全ての合成ゴムに対応する、肉厚が0.5ミリ以下の超肉薄チューブを開発した。

 同社によると、これまでシリコーンゴム製チューブでは肉厚0.5ミリのものは製品化されていたが、一般の合成ゴムでは最低でも1ミリの肉厚が必要で、0.5ミリ以下の製造は難しいといわれていた。

 同社では、長年にわたり蓄積してきた独自配合や押出成形技術などに加え、今回超肉薄チューブを製造するための専用押出成形機を導入し、製品化に成功した。

 現在はフッ素ゴム製では肉厚0.35ミリ、一般の合成ゴム製では0.3ミリまで製造が可能としており、「こうした超肉薄チューブの製造は当社が初めてではないか」(杉本社長)としている。

 用途としては、保護チューブとしての使用が見込まれるが、同社では「ユーザーからの提案などで新しい用途開発が生まれる可能性がある」(同)として、今後の販売展開に期待を寄せている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界