PAGE TOP

【新年トップインタビュー】ゲイツ・ユニッタ・アジア副社長 宮本修二氏

ゲイツ・ユニッタ・アジア、チェーンからベルトへグローバルで交換推進

会員限定 工業用品 2020-01-15


 2019年12月期は米中貿易摩擦の影響で減収になる見込みだ。2020年も厳しさが継続すると予想している。そこで「Vベルト関係や油中タイミングベルトの拡販、チェーンからベルトへの交換を推進し、業績回復を目指している」と語るゲイツ・ユニッタ・アジアの宮本修二副社長。一般産業分野を伸ばすとともに、新市場の開拓とコスト削減にも取り組んでいく。

 ■2019年12月期業績状況
 連結では10%程度の減収を見込んでいる。米中貿易摩擦による

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界