PAGE TOP

グローバル人材の育成が急務

【新社長インタビュー】ニッタ社長石切山靖順氏、「第4、第5の柱を作り、経営基盤を盤石にする」

会員限定 工業用品 2019-12-24

 12月1日に就任したニッタの石切山靖順社長。主力事業であるベルト製品の開発に携わり、入社以来、38年にわたり技術畑を歩んできた。2020年は中長計V2020の最終年度だ。新社長として、達成に向けて、既存事業の拡大や第4、第5の柱の育成、ニッタグループの一体化に取り組んでいく。

 ■社長就任の抱負
 当社は昨年、一昨年と過去最高業績を上げたが、この流れを断たないよう、中長計の最終年度である2020年度に売上高1,000億円を目指し取り組んでいる最中だ。ただ数字ばかりを追うのではなく、ガバナンス体制なども含め1,000億円企業にふさわしい会社にしたいと思っている。

 19年10月から次期中長期経営計画の策定作業をスタートさせた。各部門から人選し、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界