PAGE TOP

東北特産品のチャリティー販売を実施

豊田合成、TGフェスティバルで東北復興支援コーナーを設置

工業用品 2019-10-11

 豊田合成は10月5日、当社グループの従業員・家族および近隣住民を対象に開催したTGフェスティバルで、東北の特産品のチャリティー販売を実施した。

さんまを調理・販売する様子


 同活動は、東日本復興支援活動の一環として、2012年度から継続的に行っているもの。当日は、さんまや牛タンつくね串を役員や従業員のボランティア約80人が販売した。売上金は、同社子会社が所在する宮城・岩手県へ寄附する予定。

 同社では、同活動以外にも宮城・岩手県の両県にLED防犯灯の寄贈なども行っており、今後も継続的に東日本復興支援活動を行っていく方針。

 ■概要
 ◇日時=10月5日15:30-19:00◇場所=豊田合成北島総合グラウンド(稲沢市北島町西の町30番地)◇チャリティー販売品=岩手県産 さんま約600匹(200円/匹)、宮城県産牛タンつくね串約600本(200円/本)◇寄附先(予定)=宮城県・岩手県

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界