PAGE TOP

脱ぎはめが頻繁に発生する現場におすすめ

ショーワグローブ、カフ付ニトリルゴム製耐切創手袋「S-TEX 377SC」を新発売

工業用品 2019-09-27

「S-TEX 377SC」


 ショーワグローブは、カフ付ニトリルゴム製耐切創手袋「S-TEX 377SC」を9月から発売している。

 同製品は、着脱のしやすさが特長の耐切創手袋。脱ぎはめをしやすくするため、裾部分に幅広のカフを付けた。さらに同社独自の手型形状がフィット感と作業性の向上に力を発揮し、作業者の手の疲れを軽減する。また、ニトリルゴムをコーティングしているため油に強く、摩耗強度にも優れている。 手のひらには発泡ニトリルゴムの特殊スベリ止め層をコーティングしており、高いスベリ止め効果を発揮。繊維部分に関しては、編み目が細かく縫い合わせのない、独自の13ゲージ・シームレス編み手袋となっている。


 さらに「S-TEX 377SC」には耐切創強度を持ちながら、さまざまな機能性を付加できる同社独自の繊維技術、HAGANE Coil(ハガネコイル)テクノロジーを採用。ステンレスワイヤー糸とポリエステル繊維を組み合わせることにより、やわらかな使用感と優れた耐切創性(EN 388:2016規格 耐切創レベル X/D)を実現した。

 同社が日本国内で販売している多彩な商品群のなかでも、カフ付の耐切創手袋は「S-TEX 377SC」が初めての製品。「一人の作業者が複数の作業をこなすため、着脱が容易な耐切創手袋が欲しい」「手の保護と着脱のしやすさを両立した手袋が欲しい」、というユーザーの声に注目して同製品は開発された。同社は、自動車製造業や土木建設建築業、鉄鋼業、金属加工業(冶金など)、石油産業、航空産業などの業種での使用を想定しており、作業ごとに手袋の使い分けが必要な現場に特に推奨している。

■「S-TEX 377SC」製品概要
 ◇サイズ・全長=M:全長30センチ、L:同、XL:全長31センチ◇色=ブルー◇材質=樹脂部:合成ゴム(ニトリルゴム)、 カフ: 塩化ビニール(可塑剤)、繊維部:ポリエステル、ナイロン、金属繊維(ステンレススティール)、ポリエステル

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界