PAGE TOP

ゴルフ、テニス、スクール、ウェルネス情報をまとめた総合Webサイトに

住友ゴム工業、スポーツ総合Webサイトを刷新

工業用品 2019-05-23

 住友ゴム工業は5月22日、同社が展開するスポーツ事業のwebサイトをリニューアルし、「DUNLOP SPORTS STYLE(https://sports.dunlop.co.jp/)」を開設したと発表した。今後は刷新したWebサイトを通じて、ゴルフ、テニス、ウェルネス事業の情報を一元化して発信する。

 これまでダンロップのスポーツwebサイトはゴルフやテニス、スクール、ウェルネスの各ページ個別のドメインで運営されており、それぞれのページを訪れたユーザーがスムーズに各スポーツ間のページを行き来できない構造となっていたが、今回のリニューアルではそれぞれのホームページを同一のドメイン内に置くことで、ページ間の回遊性が向上し、ユーザーがより容易に各スポーツ、スクールの情報を得られる構造となっている。

 これまではカテゴリーごとにバラバラだったデザインを統一し、「ダンロップのスポーツサイト」として一体感のある構成とし、各ページともビタミンカラーとシンプルなレイアウトを採用することで、スポーツらしく活力を感じさせるデザインにした。

 また、ゴルフ、テニス、スクール、ウェルネスの各ページをスマートフォンやタブレットなどで見やすく表示させる「レスポンシブ化」対応を行うことで、ユーザーがよりストレスなく閲覧することが可能になった。

 ■各ページの特長
 <ポータルサイト:https://sports.dunlop.co.jp/>=「DUNLOP SPORTS STYLE」のエントランスとなるページ。このページからゴルフ、テニス、ソフトテニス、スクール、ウェルネスの各サイトに進むことができる。また同社独自のテクノロジーや、ゴルフ、テニスにおける市場活性化の取り組み、住友ゴム工業のスポーツ事業関連ニュースリリースについても紹介する。

 <ゴルフ:https://sports.dunlop.co.jp/golf/>=全体レイアウトの変更により、商品情報や契約プロ情報などユーザーの求める情報をタイムリーに発信できるページ構成。また、従来「ダンロップゴルフィングワールド」とは別ドメインで運用していた「クリーブランドゴルフ」のホームページも、「ゼクシオ」「スリクソン」と合わせて一つのサイト内で商品、サービス内容を閲覧することが可能。

 <テニス: https://sports.dunlop.co.jp/tennis/>=これまでは同一サイトに混在していたテニスとソフトテニスのページを分離。それぞれの競技のプレーヤーが情報を検索しやすくなった。また、リニューアルに際して商品やイベント情報に加えて、「テニスを知る」というコンテンツを新たに追加した。

 <ゴルフスクール:https://sports.dunlop.co.jp/golfschool/>=レッスンやサービスの内容紹介を充実させ、ゴルフに関する魅力、上達のポイントなどを発信し、より多くのゴルファーがゴルフを楽しめるようなホームページを目指す。

 <テニススクール:https://sports.dunlop.co.jp/tennisschool/>=レッスンやサービスの内容紹介に加えて、スクールの紹介ページのデザインを統一し、より情報を入手しやすいレイアウトとなった。テニスを楽しむ環境(スクールおよび大会、イベント)についての情報を発信する。

 <ウェルネス:https://sports.dunlop.co.jp/wellness/>=ダンロップスポーツクラブをはじめとしたウェルネス展開店舗・サービスを一覧で見られるページを作成し、よりスムーズなサービス情報の検索が可能になった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界