PAGE TOP

排水装置などをPR

東拓工業、「ハイウェイ展」に出展

工業用品 2016-11-09

トータク簡易排水装置

トータク簡易排水装置


 東拓工業は東京ビッグサイトで11月1-2日に開催された「ハイウェイテクノフェア2016」に出展した。

 同社は主力事業である土木・電設資材や工業用ホースに加え、道路・橋梁用資材の販売展開に力を入れている。

 今回の展示会出展はその一環で、注力製品である「トータク簡易排水装置」や「簡易排水装置TypeC」「ポリエチレン製シース」「角型TACレックス」を出品しピーアールした。

 「トータク簡易排水装置」は橋梁ジョイント部(遊間部)に設置し、ジョイント部の伸縮装置からの漏水を集排水する装置。漏水を簡易装置で集水し、フレキシブル排水管(TACブリッジパイプ)で排水することで、橋桁や支承の腐食環境を改善する。

 「トータク簡易排水装置」は2010年に発売し、これまでに全国の約200橋に採用されている。1例を挙げると「東京・浅草の隅田川にかかる厩橋などに採用されている」(同社)という。

 「トータク簡易排水装置」は、今年9月20日にNETIS(国土交通省新技術情報提供システム)から活用促進技術に指定された。「これまでもNETISに登録されていたが、採用後の評価が高かったことから、さらに上のレベルである活用促進技術に指定された」(同社)

 そのほか「簡易排水装置TypeC」は、ポリエチレン製V型排水装置で伸縮装置からの漏水を集排水する。「ポリエチレン製シース(NETIS登録製品)」は、海水や潮風、凍結防止剤などによる塩害からPC鋼材を保護するもので、これまで約1000橋で採用されている。「角型TACレックス」(同)は角型多条電線管で、電線共同溝や電線・光ファイバーの多条敷設で高い実績を持っている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界