PAGE TOP

【特集】手袋

コクゴ、ウベックスセーフティー商品の販売堅調

工業用品 2016-10-19

新商品のフィノミックC3

新商品のフィノミックC3


 理化学・工業用ゴム製品商社のコクゴでは、3万点以上のアイテムを医療・理化学・電子工業・産業設計関連など幅広い業界に向けて展開しており、安全保護器具製品の一部として各種手袋製品を取り扱っている。

 昨年2月にはドイツの安全保護具メーカーのウベックスセーフティー(本社:ドイツ・フュルト市)と産業用手袋の日本における代理店契約を結び、取り扱いアイテム数をさらに充実させた。

 16年3月期業績における手袋の状況は、代理店契約によるアイテム数の増加効果もあり前期比増収となった。ウベックスセーフティーブランドの商品では、環境に配慮した竹材を使用することで丈夫さと快適さを備え、耐切創性の最高レベル「カットレベル5」を実現した「ウベックス C500/同C600」を中心に販売は堅調だった。

 また、その他商品としては昨年7月に上市した「KGBスキニー」や「ニューロングエラストシリーズ」など、研究・製造現場など様々な用途で使用されるグローブボックス用手袋の販売が好調に推移し、業績に貢献した。

 同社では手袋の需要は「年度末にかけて上昇する傾向がある」とみており、今後の増加する需要を取り込むために拡販活動を加速させていく方針。

 製品面では、10月に発売予定のウベックスセーフティーの新商品「フィノミックC3」を新たにラインアップに加え展開を強化する。新商品は耐切創性「カットレベル3」を備えた超軽量一般作業用手袋。アクアポリマー・フォーム・コーティングにより水分を寄せ付けず、柔軟性にも優れる。加硫促進剤を含まないため、アレルギー反応もなく安心して使用できる製品となっており、「カットレベル5の商品ではオーバースペック気味となっている層に向けて、リーズナブルな価格で展開していく」(同)方針。

 なお同社では、営業ツールとして活用している総合カタログを5年ぶりに刷新し、8月末に新カタログを発刊した。新カタログでは、掲載アイテムをこれまでの3万点から3万5000点に増やしており、同カタログを有効活用することで年度末に向けての営業活動に弾みをつけたい考えだ。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界