PAGE TOP

地震動の長周期化に貢献する免震ゴム新商品

ブリヂストン、低摩擦タイプの弾性すべり支承「STシリーズ」を発売

工業用品 2018-10-01

弾性すべり支承「STシリーズ」(商品一例)

 
 ブリヂストンは10月1日、地震時の建物の揺れを長周期化することで軽減する、低摩擦タイプの弾性すべり支承「STシリーズ」を発売すると発表した。同商品は低層建物から超高層ビルまで幅広く適用可能となっている。

 弾性すべり支承は、主に積層ゴム部とすべり板から構成されており、小振幅の地震時には積層ゴム部のみが変形し、振幅が大きくなると積層ゴム部とすべり板間ですべりが発生し、大地震時の大きな揺れに追従する免震装置。一般的に、積層ゴム部とすべり板間の摩擦係数が低いほど長周期化性能が高くなる。

 低摩擦タイプの弾性すべり支承は、高減衰ゴム系積層ゴムや天然ゴム系積層ゴムなどさまざまな免震ゴムと組み合わせて使用され、地震時の建物の揺れをより長周期化する役割を担っている。

弾性すべり支承「STシリーズ」の構造図


 「STシリーズ」は、同社従来品(SKシリーズ)よりも低い摩擦係数を実現しており、長周期化性能のさらなる向上を図っている。従来品のすべり板ではステンレス板の上にフッ素樹脂の一種であるPTFE(ポリ・テトラ・フルオロ・エチレン)の薄膜をコーティングすることで低摩擦を実現していたが、「STシリーズ」では、耐高面圧かつ低摩擦を実現するPTFE材料と、長期に渡り安定した低摩擦を実現する潤滑剤を組み合わせた独自の新技術によりステンレス板のみのコーティングレス構造を採用しながら、摩擦係数μ=0.007を実現した。

 サイズラインアップは、積層ゴム部外径については直径300ミリ-1,500ミリの13サイズ(100ミリピッチ)、すべり板サイズ(ステンレス板外形)については中心部の幅が1,100ミリ-3,450ミリの八角形となっており、積層ゴム部とすべり板を適用物件の使用条件に合わせ、サイズを組み合わせて使用する。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界