PAGE TOP

米国・ニューヨーク市内で

住友ゴム工業、テニスを通じたダンロップブランド価値向上の取り組みを発表

工業用品 2018-09-06

プロジェクションマッピングを駆使した発表会会場の様子

 
 住友ゴム工業は8月25日、米国・ニューヨーク市内において、「テニスを通じたダンロップブランド価値向上の新たな取り組み」についての発表会を実施した。

 今回は、①新ブランドメッセージ「LOVE THE GAME」の発表②ダンロップブランドのテニスラケット“ダンロップ「CX」シリーズ POWERED BY SRIXON”の発売③日本企業としては初めてとなる、テニスの四大大会「全豪オープン」とオフィシャルスポンサー契約を締結。大会使用球「DUNLOP Australian Open」の発売(2019年上期発売予定)。④今後のIMGアカデミー(米国・フロリダ州)との取り組みについて――が発表された。

 住友ゴム工業は昨年4月、英国のスポーツダイレクトインターナショナル社から、海外のダンロップ商標権とダンロップブランドのスポーツ用品事業およびライセンス事業を買収した。

 ダンロップは、1888年にイギリスで発祥した伝統あるブランドであり、スポーツ分野では主にラケットスポーツにおいて認知度が高いことからテニス事業を通じて、ダンロップブランドの価値向上に取り組んでいる。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界