PAGE TOP

18年3月期業績

フコク、機能品事業が増収減益

工業用品 2018-05-16

 フコクが5月15日に発表した18年3月期業績は、売上高が752億2,400万円で前期比6.5%増、営業利益が28億2,300万円で同8.9%減、経常利益が27億6,000万円で同18.0%減、純利益が2億4,300万円の損失(前期は21億3,700万円の利益)となった。

 セグメント別でみると、機能品事業は売上高が337億9,800万円で同3.9%増、営業利益が25億4,400万円で同7.0%減。国内外とも堅調だったが、為替の影響と構造改革の伴う負担により増収減益となった。

 防振事業は売上高が282億4,400万円で同10.1%増、営業利益が27億5,900万円で同7.8%減。中国は不振だったが、そのほかは総じて好調で増収した。利益は中国の減収と構造改革の伴う負担増で減益となった。

 金属加工事業は売上高が68億6,200万円で同5.9%増、営業利益が1億800万円で同338.0%増。トラックと小型建機関連の受注が堅調だった。

 ホース事業は売上高が34億7,700万円で同4.6%増、営業損失が2億7,600万円(前期は3億5,400万円の損失)。受注が堅調で増収したが、リコール対応負担により損失を計上した。

 19年3月期業績は、売上高が770億円で前期比2.4%増、営業利益が32億円で同13.3%増、経常利益が34億円で同23.1%増、純利益が24億円の予想。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界