PAGE TOP

GLMと2020年中の製品化目指す

東洋ゴム工業、EV車両向け足回りモジュールで共同開発

工業用品 2018-01-18

 東洋ゴム工業は1月17日、EV(電気自動車)メーカーのGLM(京都府京都市、小間裕康社長)とEV車両向け足回りモジュール(複合部品)の共同開発に取り組むことで合意したと発表した。道路状況に合わせ揺れや振動を緩和するエア式のアクティブサスペンションの開発を進め、2020年中の製品化を目指す。GLMから、アクティブサスペンションや足回り機構、車全体の要素技術といった必要な情報や総合的なノウハウの提供、自動車メーカーとしての知見を活かしたサポートを受けながら、エアサスペンションに電子制御技術を組み込んで応用する。

 EVはガソリン車に比べ、より高い次元の静粛性、路面やモーターの振動を制御する減衰性など、これまでとは異なる機能や性能が求められる。東洋ゴム工業は、自動車用タイヤやエアサスペンションなど振動制御に関係の深い自動車用部品を有しており、未来モビリティを見据えた事業ソースの一環として、それら単一機能製品群を組み合わせた「EV車両向け足回りモジュール」として開発を進めていく。GLMと協業することで、EVが持つ固有の技術課題解決に特化した足回りモジュールのトータル設計やパッケージ化の経験を積み、付加価値の高い提案のできるサプライヤーを目指す。

 GLMは京都大学の電気自動車開発プロジェクトを母体とする新興のEVメーカー。EVスポーツカー「トミーカイラZZ」の本格的な量産を2015年10月から開始している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界