PAGE TOP

【新年トップインタビュー】

三ツ星ベルト社長垣内一氏、「技術・製品開発のスピードを今年はさらにアップさせる」

工業用品 2018-01-10


 ■設備投資計画
 18年度は今年度よりも設備投資を増額する計画だ。生産拠点の設備更新や設備増強に積極的に投資していく。

 ■期待する製品
 油中タイミングベルトの採用が決まった。採用までに大変苦労をしたが、今後、さらに拡大して欲しいと期待している。金属ナノ粒子を応用した製品も、徐々にではあるが用途拡大が進んでいる。

 ■自動車EV化への対応
 国内はEV化に加え、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車の拡大などで自動車用ベルトの需要が減少している。しかし海外は地域によって状況が変わり、ガソリンエンジン車が拡大する地域も多いので、自動車用ベルトの需要が急速に減少するとは考えていない。

 ただしEV化への対応として、新たな製品開発が必要になる。たとえばEPS(電動パワーステアリングシステム)やEPB(電動パーキングブレーキシステム)へのベルト機構の採用拡大や、スライドドア用ベルト、軽量化に貢献する樹脂部品などの開発・提案に力を入れていく。

 ■人材育成・人材活用
 将来、海外で働く人材と、海外現地採用の人材の育成に力を入れている。若手社員には、早いうちから積極的に海外に出て、現地の文化・風俗を学ばせたいと思っている。海外拠点で仕事をスムーズに行うには、現地の人の考え方や仕事のやり方を理解する必要がある。

 また、女性の活用にも力を入れていきたい。女性従業員を増やし、管理職も増やしたいと思っている。

 ■ネットビジネスへの対応
 ゴム工業用品というのは、本来FACE TO FACEで販売するものだと思っている。しかし、ネット販売がこれだけ一般に広まると、我々もそれに対応せざるを得ない状況になっている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界