PAGE TOP

【特集】ゴムシート

タイガースポリマー、17年度上期 2桁近い増収と好調

工業用品 2017-11-28

極薄ゴムシート


 タイガースポリマーの17年度上期(4-9月)のゴムシート事業の業績は、前年同期比2ケタ近い増収となり好調だった。前年同期は主要需要先の土木・建築業界や自動車業界の動きが鈍く需要も低迷したが、下期からは持ち直し回復傾向で推移。今上期もその流れが持続したことで前年同期実績を大きく上回った。

 品種別では天然ゴム、合成ゴム、特殊ゴム(シリコーンゴム、フッ素ゴム)の全てで増収を達成。「天然ゴムは微増に留まったが、特殊ゴムは半導体関連の好調を受けて伸長した。また、最もボリュームの大きい合成ゴムも工場などの機械・設備関連需要が旺盛で業績に貢献した」(同社)。

 地域別では、「東京五輪開催に伴う土木・建築関連や好況による設備関連の動きから、東京を中心に需要全般は堅調」(同)としている。

 半導体関連は、スマートフォンの高性能化やフラッシュメモリーの需要拡大などで今後も堅調な需要が予想される。加えて、下期型である公共事業や自動車関連の動きが活発化することが見込まれており、同社では期末に向けても引き続き旺盛な需要を期待している。

 これらの需要については、「基本に忠実に、ユーザー先を小まめに訪問する営業活動で取り込んでいく計画。また、これまで以上に販売会社との協力関係を密にし、情報交換などを進めることでユーザーニーズを取り込んでいきたい」(同)考えだ。

 製品面では、上期に好調だった特殊ゴムを中心に拡販を進めるとともに、厚さ0.1-0.5ミリの極薄ゴムシートの展開にも注力する。極薄では、シリコーンゴムやフッ素ゴムのほか、ブチルゴムやEPDMを新たにラインアップに加えており、これまで以上に幅広い業界に向けて訴求していく方針だ。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界