PAGE TOP

【ゴム・樹脂企業トップアンケート】

卸商社地域別の景況、東部の好調さが際立つ

商社 2017-08-22


 ゴム・樹脂商社の景気は東部、西部、中部の順でいいようだ。先週号に掲載したトップアンケート卸商社編を元に東部・西部・中部の地域別に今後の景況を探ってみた。(東部は関東1都6県、西部は近畿2府4県、中部は愛三岐3県に限った)

 【今後の景気見通し】
 どの地域も「横ばい」が最多回答で、特に中部は85.7%、西部は72.9%と高率だった。
 「上昇」と「やや上昇」を合わせた数値は東部38.6%、西部16.7%、中部9.5%と断トツで東部がいい。東京オリンピック中心のインフラ整備、IT関連など需要環境は当面、堅調に進むと見ている経営者が多いということだろう。
 3地域合計では27.1%で、昨年12月に実施した調査では22.0%だったので商社における景況感は上向いていることが分かる。
 「やや下降」「下降」を合わせた数値は西部8.3%、中部4.8%、東部4.0%の順。西部は、先行きの景況に対し不安を持っているトップが他の2地域に比較して多いことが分かる。

 【17年度売上高予想】
 17年度の売上高が前期に比べどうなるかを聞いた設問。
 「10%以上」「1桁」の増加を合わせた増収予想企業は東部54.7%、西部50.0%、中部38.1%の順で、東部・西部の2地域は半数、もしくは半数を超える会社が増収を予想している。
 「横ばい」予想は中部47.6%、西部45.8%と2地域が高率。
 「10%以上」「1桁」減少を合わせた減収予想企業は中部が14.3%と多く、ついで東部6.6%、西部4.2%の順で、西部が最も低い数値となっている。

 【17年度経常利益予想】
 17年度の経常利益が前期に比べどうなるかを聞いた設問。
「10%以上」「1桁」「黒字化」の増加3回答を合わせた増益予想企業は東部46.7%、西部43.8%、中部33.3%で、売上高予想に比してやや低めだが似た結果になっている。
 「横ばい」予想は中部で52.4%と高く、東部45.3%、西部43.8%の順。
 「10%以上」「1桁」「赤字」の減少3回答を合わせた減益予想企業は中部14.3%、西部12.5%、東部8.0%の順。東部、西部で減収企業よりも減益企業の方が高い比率となっている。仕入価格の上昇、流通経費の増加を組み込んでいるものと思える。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界