PAGE TOP

【特集】インフラ製品

シバタ、的確なニーズの把握と在庫拡充で需要に対応

会員限定 商社 2022-09-20

 シバタはインフラ関連資材を多数取り揃え、在庫を置き全国で販売展開している。

 同社の売り上げを構成する16品目のうち、主力の1品目である土木資材は売上高の約40%を占め、それにホース(大口径サクションホース)、ゴム板(遮水シート)、水道資材(塩ビパイプ)等のインフラ関連商材を加えたインフラ関連製品の売上高は7割ほどを占めている。近年頻発する大雨による災害で、インフラ関連資材の売上高も年々拡大傾向にある。

 「サクションホースを例に上げると、農業関連では、口径の小さいホースが多いが、災害復旧での排水作業では大口径ホースが使用される。大口径製品は小口径に比べ単価が高いこともあり、同じサクションホースを販売する場合でも、災害復旧・復興向けの方が売上高が大きくなる傾向がある」(坂本伸二常務取締役営業企画部長)

 今期(2023年3月期)上期(4~9月)のインフラ関連製品の状況は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた