PAGE TOP

アジアの好調、北米の回復見込む

クリヤマホールディングス、通期業績予想を上方修正

商社 2021-10-19

 クリヤマホールディングスは10月15日、2021年12月期通期連結業績の上方修正を発表した。

 アジア事業では環境問題に対応するための需要が旺盛で、尿素水識別センサーおよび尿素SCR用もモジュール・タンクの販売が好調に推移する見込み。また、中国では政府による公共投資に一服感があるものの、現地建機メーカーの生産台数は高止まりしており、販売も高水準を継続している。北米事業では、経済活動の再開に伴い、外食産業が順調に回復していることから飲料用ホースの販売が増加する見込み。加えて、DIY需要、巣ごもり需要も底堅く、関連ホース製品の販売も増加すると見ている。

 ■通期連結業績予想
 ◇売上高=585億円(前回予想520億円、増減率12.5%増)◇営業利益=38億円(同28億円、同35.7%増)◇経常利益=43億円(同30億円、同43.3%増)◇純利益=34億円、(同17億円、同100.0%増)

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた