PAGE TOP

ゴム関連企業・関連団体の賀詞交歓会

ニシヤマ、ウイン・ウイン・ウインの関係続ける

商社 2020-02-06

 ニシヤマの新年賀詞交歓会が1月24日午後6時から、パレスホテル(東京都千代田区)の山吹の間で得意先をはじめ、仕入先や同社幹部社員ら280人が出席して開催された。

あいさつする西山社長


 賀詞交歓会では冒頭、西山正晃社長が「今年は庚子年ということで新しいものが生まれて大きく繁栄するという意味があり、大きく時代の変わる年となりそうだ。そういう意味では5Gの携帯電話が出てくる。通信が格段に早くなる。一方、海外情勢では英国のEU離脱が決まり、また米国の大統領選の見通しと米中の貿易摩擦への影響など今後の行方は混沌としている。さて我々においてもお客様からの要求は複雑化して難しくなっていく、加えて対応のスピードも年々早くなっているが、皆さんのご協力を得てお客様に喜んでいただける商品を供給することができた。今後も仕入れ先様、お客様、当社と三方でウイン・ウイン・ウインの関係を是非続けていきたいと考えている。困り事があれば私に直接でも構わないので寄せて欲しい。皆さんと一緒に協力して解決し、混沌とした情勢を乗り切っていきたい」とあいさつした。

乾杯のあいさつをする新田ニッタ会長


 続いて来賓を代表して、ニッタの新田元庸会長が「先ほど西山社長から皆さんでウイン・ウイン・ウインになろうと力強いごあいさつを頂いた。ニシヤマさんでは社内餅つき大会を開催したり、新10年委員会で新しい事業の芽の発掘をやられて、すでに結果も出てきていると聞いている。私どもメーカーとしても大変心強い限りだ。国際情勢や経済に与える影響は混沌とした中で不透明ではあるが、我々も戦略や戦術をスピーディーにフレキシブルに対応していかねばならないと思う。ニシヤマさんは100年を超える超優良企業であり、先代をはじめ会長、社長、幹部の皆様はマニュアルで空を飛ぶ名パイロットだ。暗雲の中でも雁の群れが鏃の形で整然と飛んでいけるように我々も頑張ってついていきたい」と述べ乾杯のあいさつとし、懇親に入った。

中締めする西山会長


 懇親も深まったなか、西山博務会長が登壇し「今年は当社にとっては成長し栄える年になるのではないかと期待している。成長には新商品が必要で皆様方の良い商品とアイデアの提供をお願いし、一段と成長した104年の年にしたい」と述べ、中締めのあいさつとし、盛大な賀詞交歓会は散会となった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界