PAGE TOP

オールジャパンで東京2020オリンピックへ

ブリヂストン、日本代表自転車競技チームに自転車供給

タイヤ 2017-10-11

オールジャパンで東京2020オリンピックへ


 ブリヂストン、ブリヂストンサイクルは10月10日、東京2020オリンピックで日本代表自転車競技チームがトラック短距離競技で使用する自転車の供給に向けて、共同で開発を進めることに合意したと発表した。同日、ブリヂストングローバル研修センター(東京都港区)で開かれた記者会見には、日本自転車競技連盟(JCF)会長の橋本聖子氏や同連盟理事で選手強化委員長の中野浩一氏、日本代表チーム短距離ヘッドコーチのブノワ・ヴェトゥ氏、ブリヂストン側からはブリヂストン執行役副社長の西山麻比古氏、ブリヂストンサイクル代表取締役社長の関口匡一氏が出席した。

 今回、同オリンピック自転車トラック競技で機材を供給する種目は、「ケイリン」「スプリント」「チームスプリント」の3種目。これら種目で日本代表選手が使用する機材について、ブリヂストンサイクルとブリヂストンが共同で開発し、ブリヂストンサイクルが製造、供給する。開発にあたっては日本代表コーチ協力のもと、ブリヂストンサイクルの自転車開発技術、ブリヂストン中央研究所の解析技術等を活用する。今回の供給を機に、ブリヂストンサイクルでは、世界での知名度向上や企業文化の育成などを進めていく。

 会見で橋本会長は「東京2020は地元開催であり、ケイリンは日本発祥の競技。スプリント、ケイリンに対し、日本のトップメーカーであり、世界の技術を誇るブリヂストンさんの機材で何としても戦いたいという思いで、機材提供のお願いをした。スプリント、ケイリンで、金メダルを含む5つ以上のメダル獲得を目指している。

 機材はブリヂストン、エンジンとなるアスリートの体はJCFがしっかりと強化し、機材と選手とがオールジャパン体制で一つになり、東京2020に向かうチャンスをもらったと思う。多くの人々に感動してもらえる自転車競技を目指していきたい」と語った。

 また西山執行役副社長は「ブリヂストンサイクルで、日本代表チームの短距離競技用の自転車を開発してもらえないかと声をかけてもらったことは、大変嬉しく、光栄だった。ブリヂストンの企業理念の中には心構えが4つあり、そのうちの1つが熟慮断行だ。話をもらい、皆で熟慮断行した結果、自転車の供給を決意した。

 今回、ブリヂストンサイクルだけでなく、ブリヂストングループ全体の持つ解析技術などを用いて、総力を結集して新たな短距離競技用自転車を開発していく。

 スポーツの祭典であるオリンピックは、同時に科学や技術の競争の場でもある。地元である東京2020オリンピックに、日本企業として日本の技術をもって日本代表チームをサポートするということを本当に嬉しく思っている。総力を挙げてチャレンジする」と語った。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界