PAGE TOP

氷上性能に加えウェットにも注目

横浜ゴム、乗用車用スタッドレス「iceGUARD 6」を発売

タイヤ 2017-07-25

北海道・旭川のTTCHでの試乗会



 横浜ゴムは、乗用車用スタッドレスタイヤブランド「iceGUARD」の新商品「iceGUARD 6」を9月1日から発売する。発売サイズは13インチから19インチまでの全95サイズで、今後も順次サイズ追加を予定している。価格はオープンプライス。

 新商品は、iceGUARDの基本コンセプトである「氷に効く」、「永く効く」、「燃費に効く」に加え、ユーザーからの潜在ニーズが高いウェット性能を新たに追加した。

 トレッドパターンはイン側で氷上、アウト側で雪上性能に特化した非対称パターンを継承。氷雪性能はもちろん、ウェット性能も高めた専用パターンを開発した。さらに新開発の「ダブルマイクログルーブ」が装着初期から優れた氷上性能を発揮するほか「クワトロピラミッドディンプルサイプ」が操縦安定性を向上している。

 コンパウンドには新開発の「プレミアム吸水ゴム」を採用。ゴムに配合した「新マイクロ吸水バルーン」が水膜の吸水効果を向上する。さらにシリカを増量するとともに、均一分散を促進する「シリカ高反応ホワイトポリマー」を新規採用し、路面への密着性を高めることで氷上性能とウェット性能を向上した。また、スタッドレスタイヤ用に開発した「オレンジオイルS」がタイヤのしなやかさを保ち、氷上性能を長持ちさせる。

 これらの最新技術により従来品(iceGUARD 5PLUS)に比べ氷上制動性能を15%、ウェット制動性能を5%向上したほか、性能の持続性、低燃費性能も従来品同等レベル以上を確保している。また、静粛性にも配慮しパターンノイズを33%、ロードノイズを25%と大幅に低減している。

タイヤテストコースとスケートリンクで試乗会

 新商品の発売に先駆けて同社では、北海道・旭川のタイヤテストセンター「TTCH」と

スケートリンクでの試乗会

神奈川・横浜の「新横浜スケートセンター」でメディア向け試乗会を開催した。

 TTCHでは、新商品の6と従来品の5PLUSを装着した車両で、時速40キロで急ブレーキをかけブレーキングを体感する雪上ブレーキ路面や雪上ハンドリング路面を走行。6の雪上性能を体感した。また、新横浜スケートセンターでは、6と5plus従来品を装着した車両で氷上スラロームなどを行い、しっかりと路面をつかむ6の氷上性能を体感することができた。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界