PAGE TOP

「SBT」認定の取得を目指す

横浜ゴム、SBT認定取得に向けコミットメントレターを提出

タイヤ 2024-02-09

 横浜ゴムは、パリ協定の水準に科学的に整合する企業の温室効果ガス排出削減目標「Science Based Targets(SBT)」の認定取得に向けて、認定機関の「SBTイニシアチブ(SBTi)」にコミットメントレターを提出した。

 同コミットメントレターは2年以内に「SBTi」の基準に適合した目標を設定し、提出することを誓約するもの。「SBT」では企業の直接排出をはじめ、他社や顧客による間接排出まで事業活動全体にわたって削減目標を設定することが求められている。

 同社では「2050年に自社活動によるCO2排出量ネットゼロ」を目標に国内外の工場で太陽光発電システムの導入や再生可能エネルギー由来の電力活用などを進めているほか、物流や製品の使用・廃棄などにおける間接排出についても2013年から排出量の開示を始め、削減活動に取り組んできた。

 今後は近年ますます深刻化する気候変動問題に対応しサプライチェーン全体での温室効果ガス排出削減を加速化するため、「SBT」の認定取得を目指す。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた