PAGE TOP

東京オートサロン2024にて参考出品

TOYO TIRE、使用原材料の90%にサステナブル素材用いたコンセプトタイヤ

タイヤ 2024-01-12

 TOYO TIREは、使用原材料の90%にサステナブル素材を用いたコンセプトタイヤを、1月12~14日に幕張メッセで開催の東京オートサロン2024に参考出品した。

使用原材料の90%にサステナブル素材を用いたコンセプトタイヤを装着した車両


 サステナブル素材を使用して開発した同社製タイヤにおける、過去最高の使用比率は50%。今回参考出品したコンセプトタイヤは、これを飛躍的にしのぐ開発内容となっている。

 サステナブル素材は、天然由来などの再生が可能な「リニューアブル素材」、すでに何らかのかたちで使用したものを再利用した「リサイクル素材」に大別できる。

 今回のコンセプトタイヤには、リニューアブル素材としてバイオマス由来ブタジエンゴム、バイオマス由来スチレンブタジエンゴム、籾殻灰シリカ、植物由来オイル、バイオ由来ポリエステル繊維などを採用(全体の約60%)。リサイクル素材としては、富山大学との共同開発で成功したCO2由来のブタジエンゴムをはじめ、再生カーボンブラック、再生ビードワイヤー、再生スチールコードなどを使用(全体の約30%)した。

 同社では、製品におけるサステナブル素材使用比率を2030年時点で40%、2050年には100%を実現するという目標を掲げており、同コンセプトタイヤはその布石となる開発品だ。

 同タイヤは、タイヤのライフサイクル全体における温室効果ガスの排出量低減やEVの航続距離向上に大きく寄与する「転がり抵抗係数」を極小化し、タイヤラベリング制度で転がり抵抗値のレベル最上位である「AAA」相当を実現していることも特長の一つ。今後、実用化に向けたさらなる技術革新を進め、持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する製品の早期開発、市場供給に努めていく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた