PAGE TOP

データドリブンで革新的な材料開発の実現に向けて

ブリヂストン、ナノテラス活用した技術革新を加速

タイヤ 2023-12-15

 ブリヂストンは、東北大学と同学青葉山新キャンパス内で整備を進める次世代放射光施設Nano Terasu(ナノテラス)を活用し、データドリブンで革新的な材料開発の実現に向けた研究開発チームを結成した。

 拠点となるのは、同学が設置しているグリーンクロステック研究センター。 同研究センターは、科学・工学とデータサイエンス・ITをはじめとする先進テクノロジーを融合させた実学研究により、グリーン分野に関連する社会課題・ビジネス課題の解決をゴールとした産学共創イノベーション拠点だ。

 同社は、東北大学との連携強化をするため、同研究センターに人材を教授として参画させた。同社の強みであるゴム材料科学と、東北大学の強みである最先端の計測科学および計算科学を融合することで、データトリブンな開発基盤を作り、効率的に革新材料を創出し続ける基盤技術の構築に取り組んでいる。

 同社は2018年からナノテラスの産学連携スキームであるコアリション(有志連合)に加入している。今後はコアリションメンバーとして2024年4月に本格運用開始するナノテラスを活用し研究を加速していく。これにより、従来不可能であったナノレベルでのゴムの挙動観測を通じて得られたビッグデータを分析することが可能となり、耐摩耗や低燃費などの性能を高次元に進化させた材料や、資源循環率を極限まで高めたゴムの開発を進めていく。この成果を「走る実験室」であるモータースポーツ活動などの現場での性能実証を通じて、「Bridgestone MASTERCORE」や商品設計基盤技術ENLITENを搭載した「断トツ商品」へ実装し、社会価値・顧客価値の提供を目指す。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた