PAGE TOP

「30by30」の達成に貢献

横浜ゴム、茨城工場が環境省の「自然共生サイト」に認定

タイヤ 2023-10-20

 横浜ゴムの茨城工場(茨城県小美玉市)が10月、環境省から「自然共生サイト」に認定された。

敷地内の動植物のモニタリングを行う茨城工場のスタッフ


茨城工場で撮影されたサシバ


 自然共生サイトは、2030年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として保全する世界目標(30by30目標)の達成に向けて環境省が2023年度から正式運用を開始した制度。

 環境省では国や自治体以外にも企業が管理する土地を評価し、生物多様性保全に貢献する区域を自然共生サイトとして認定している。自然共生サイトとして認定を受けた区域は自然保護区などを除いて「OECM」(国立公園などの保護地区以外で生物多様性保全に資する地域)として国際データベースに登録される。

 茨城工場は絶滅危惧種に指定されているサシバと共生する工場を目指し、採餌環境の整備に加え、敷地内や周辺地域での動植物および水質のモニタリングなどに取り組んでおり、こうした長期的な生物多様性保全活動が今回の認定に繋がった。

 なお、同工場は2019年に「いきもの共生事業推進協議会」(ABINC)の「いきもの共生事業所認証」(ABINC認証)を取得、2023年には特に優れた事業所としてABINC賞の優秀賞を受賞している。

 同社は2023年から「30by30」達成に向けた日本の有志連合「生物多様性のための30by30アライアンス」に参画している。今後は茨城工場以外でも「自然共生サイト(OECM)」の認定取得を図り、「30by30」達成への貢献を目指す。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた