PAGE TOP

関西大学と協業で実用化に向けた取り組みを加速

住友ゴム工業、「タイヤ内発電技術」を進化させ幅広い速度域で電力の安定供給に成功

タイヤ 2023-10-11

 住友ゴム工業は、「タイヤ内発電技術」を進化させ、幅広い速度域で電力を安定的に供給することに成功した。

タイヤ内に取り付けた2種類の発電デバイス


 同社は、関西大学の谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト=光、振動、熱などのわずかな環境エネルギーを拾い集めて活用する技術)を取り付け、タイヤの回転によって電力を発生させる技術開発を行ってきたが、今回、2種類の発電デバイスを組み合わせることで、幅広い速度域で安定した電力を得ることに成功し、タイヤ内部に設置したTPMS(タイヤ空気圧監視システム)の稼働を確認した。

発電メカニズムイメージ


 これまでの開発では、タイヤの歪みの変化による張力を利用した低速域での発電(発電デバイスA:タイヤ速度50キロ/hで発電量800マイクロワット以上を確認)に成功していたが、今回の開発では、加速度変化による遠心力を利用する発電デバイス(発電デバイスB)を適切に配置することで高速域でも相当量の電力を得ることに成功した。

発電デバイスによる発電量イメージ


 発電メカニズムの異なる2種類の摩擦発電デバイスを並列接続することで、幅広い速度域で安定した電力を得ることができるようになり、実車を用いた実験でも低速域から高速域まで安定してTPMSの起動が可能なことを確認した。

 同社では、同技術がタイヤセンシングの一番の課題であるセンサーデバイスの電池寿命を解決する手段であり、同技術によってタイヤセンシングの実用化を大きく前進させることができるとしている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた