PAGE TOP

2022年からの9年間で戦略リソース2.8兆円投入

ブリヂストン、2030年に売上収益5.3兆円へ

会員限定 タイヤ 2022-09-01

 ブリヂストンは2030年に、売上収益5兆3,000億円、調整後営業利益8,200億円を目指す。8月31日に開催した「2030年長期戦略アスピレーション(実現したい姿)」発表会で、石橋秀一取締役 代表執行役・Global CEOは「経営指標はいずれもグローバルレベルを目指す」と語った。

石橋秀一取締役 代表執行役・Global CEO


 売上収益、営業利益のほかに掲げた指標は、調整後営業利益率15%強、ROIC(投下資本利益率)12%、ROE(自己資本利益率)13%。売上収益は規模の拡大、調整後営業利益は稼ぐ力の拡大、調整後営業利益率、ROIC、ROEは質の強化で達成を目指す。

 売上収益は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた