PAGE TOP

オフハイウェイタイヤの生産を開始

横浜ゴム、インド新工場で開所式を開催

タイヤ 2022-08-18

 横浜ゴムは、農業機械用タイヤなどオフハイウェイタイヤ(OHT)の生産販売子会社Yokohama Off-Highway Tires(YOHT)の生産能力増強のため、インドで建設を進めてきたVisakhapatnam(ヴィシャカパトナム)工場(アンドラプラデシュ州)で生産を開始した。当初は2023年第1四半期から開所する予定だったが、世界的な需要増に対応するため、前倒しで生産を開始した。

ヴィシャカパトナム工場


 新工場の年間生産能力は第1期が日量69トン(ゴム量)、第2期増強分を加えて日量132トン(同)を計画しており、第2期の生産開始は2024年第1四半期を予定している。また、将来のさらなる能力増強も視野に入れている。

あいさつするニティン・マントリ横浜ゴム取締役常務執行役員OHT事業部長


 YOHTは現在、インド・グジャラート州にDahej(ダヘジ)工場とタミル・ナドゥ州に Tirunelveli(ティルネルヴェリ)工場を有し、主力ブランドであるALLIANCE(アライアンス)、GALAXY(ギャラクシー)、PRIMEX(プライメクス)の農業機械、建設車両、産業車両、林業機械用タイヤなどを生産販売している。

 YOHTは市場の成長に対応するため、ダヘジ工場の生産能力を1.6倍に引き上げる拡張に加え、2020年第3四半期からヴィシャカパトナム工場の建設を進めてきた。

 8月16日に開催した開所式には、アンドラプラデシュ州のJagan Mohan Reddy(ジャガン・モハン・レディ)州首相ならびに夛賀政幸(たが・まさゆき)在チェンナイ日本国総領事、ニティン・マントリ横浜ゴム取締役常務執行役員OHT事業部長が参加した。

 ■ヴィシャカパトナム工場の概要
 ◇会社名=ATC Tires AP ◇所在地=インド Atchutapuram(アチュタプラム)工業団地(アンドラプラデシュ州ヴィシャカパトナム)◇事業内容=オフハイウェイタイヤの生産・販売◇生産品目=「ALLIANCE」、「GALAXY」、「PRIMEX」ブランドタイヤ◇生産能力=日量132トン(ゴム量)※第2期増強分を含む。当初計画から9トン増加◇敷地面積=約39万平方メートル

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた