PAGE TOP

水素添加ポリマーを使用

住友ゴム工業、性能持続技術でTire Technology of the Yearを受賞

タイヤ 2022-05-19

 住友ゴム工業の水素添加ポリマーを用いた「性能持続技術」が、5月18~20日の期間、ドイツ・ハノーバーで開催された「Tire Technology Expo 2022」内で開かれた「Tire Technology International Awards for Innovation and Excellence」において、「Tire Technology of the Year」を受賞した。

授賞式の様子


 同賞を受賞するのは2010年の「第4世代ランフラットタイヤ技術」、2017年の「新材料開発技術ADVANCED 4D NANO DESIGN」、2019年の「SENSING CORE」に続き4度目。

 性能持続技術は、タイヤの摩耗、経年による性能低下を抑制し、新品時の性能を長く持続させる技術。同社独自のAI技術「Tyre Leap AI Analysis」および新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を駆使し、タイヤの摩耗や経年による性能低下のメカニズムを分子レベルで解明。これまでタイヤに用いていたポリマーとは全く異なる水素添加ポリマーを採用して「性能持続技術」を実現した。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた