PAGE TOP

12月2日から福岡県で

住友ゴム工業、「タイヤ空気圧・温度管理サービス」の提供開始

タイヤ 2021-12-03

 住友ゴム工業は、乗用車向けのタイヤ空気圧や温度をリモート監視する「タイヤ空気圧・温度管理サービス」を、12月2日から福岡県のタイヤセレクト直営店2店舗(福岡西店・筑紫野店)で提供開始している。

 同サービスの対象となるのは、タイヤ4本を購入し、かつ「パンク安心保証プラン」に加入し、その合計金額が60,000円(税込)に達したユーザー。対象者には、同社が推進する業界初のタイヤ空気圧監視システム(TPMS)とパンク保証サービスのセットを各店舗先着100人に提供する。クルマ1台分のセットプランには、TPMS(4つ)・車載用LED付きUSBデバイス・専用アプリが付く。

 同システムでは、TPMS装着車両のタイヤ空気圧や温度に異常が発生した際に、車載のUSBデバイスのLEDが赤色に点滅してドライバーに知らせる。知らせを受けたドライバーは、速やかに安全な場所に車両を停車させ、スマートフォンの専用アプリで異常が発生したタイヤの位置と詳細なタイヤ空気圧や温度情報を確認できる。

 専用アプリでは、空気圧や温度の状態を適正(青色)・低い(赤色)・高い(黄色)の3段階で表示。また、スマートフォンで確認した空気圧データはクラウドに蓄積され、過去の履歴を確認することも可能。

『タイヤ空気圧・温度管理サービス』のイメージ図



 今後、CASE/MaaSといった自動車業界の変革によって、メンテナンスフリーやタイヤ状態のリモート監視の需要はさらに高まっていくと考えられている。同社では、そのような環境変化に対応するため、安全性能・環境性能を一層高めたタイヤ開発や、周辺サービス展開のコンセプトである「SMART TYRE CONCEPT」を掲げている。この周辺サービス展開の1つである「タイヤ空気圧・温度管理サービス」を展開することで、安全で事故のない社会づくりに貢献していく、としている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた