PAGE TOP

世界最大級のカスタムカーショー

TOYO TIRE、「SEMA Show 2021」に出展

タイヤ 2021-11-02

 TOYO TIREの米国タイヤ販売子会社「Toyo Tire U.S.A. Corp.」(TTC)は、11月2日から11月5日(金)までの4日間、米国ネバダ州ラスベガスで開催される「SEMA Show 2021」に出展する。

 「SEMA Show」は、米国自動車用品工業会(SEMA:Specialty Equipment Market Association)が主催する世界最大級のアフターパーツトレードショーで、例年世界中から約7万人のバイヤーが来場する。昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けてバーチャルで開催されたため、リアルでの開催は2年ぶり。

 TTCは、会場内2カ所に展示スペースをとり、ピックアップトラックやSUV、スポーツカーをベースとしてカスタマイズした車両に同社製タイヤを装着して出展する。

2019年でのTOYO TIRES TREDPASSの様子



 メインエントランスのブースでは、TTCが販売する商品群を展示するほか、同社グループがサポートする世界的ラリードライバーKen Block選手らによる新作カスタムカーのほか、独特のコンセプトアートが有名なグラフィックアーティストJoshua Vides氏のカスタムカーも展示する予定。

 会場南ホールと中央ホールを結ぶ巨大通路では、「TOYO TIRES TREADPASS」を展開。この特設通路は、同社のフラッグシップブランドであるオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY」シリーズや、ウルトラハイパフォーマンスタイヤ「PROXES」シリーズなどを装着したカスタムカーを一堂に集め、独占的に披露するエリアで、今年で8回目の設置となる。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた